【コスモ石油 カーリース】なら節約できる!

 

 



スマートビークル審査

コスモ石油スマートビークル




スマートビークル

カーリース


 

 

 

 

コスモ石油 カーリースじゃなかった場合の車 初期費用は

 

車を手に入れるためには車本体の価格だけでなく

  • 登録料、申請料
  • 車の税金(自動車税、軽自動車なら軽自動車税)/年額
  • 自動車所得税
  • 自動車重量税
  • 自賠責保険
  • 販売店諸費用
  • ナビ
  • ETC
  • リサイクル料金

などがかかる。

これら諸費用の中でも
税金や登録料などは車の種類や重量などによってえ金額は決まっている。
これを法定費用と言うのだが、

  • 登録や申請料は名義の新規登録をして
    ナンバープレートを発行してもらったり
  • 車庫証明を申請するための仕様も必要だ。


税金には、
  • 自動車税やグレードによって違う自動車所得税
  • 重量によって課税される重量税
  • 排気量ごとに定められた自動車税

などがある。

これらの手続きは、一括でできないので
平日都合がつきにくい人や多忙な方は販売店に手数料払って代行することが多い。

これら登録申請料を1代行手数料は販売店の諸費用に組み込まれている。
よく、車の値段だけを見て買うぞ!と即決する人がいるが
何十万も諸費用によって高くなることを考慮に入れたほうがいい。

例)アクアsで、車両本体価格が179万円として

  • ナビは8万3,475円
  • ETCは10395年
  • 自動車税が3枚1,600円
  • 自動車所得税が7万6,700円
  • 自動車重量税が2万2,500円
  • 自賠責保険は4万40円
  • 販売店諸費用6万4,000円
  • リサイクル料金9,980円

払期決202万9,490円 となるのが普通である。

これら200万円相当の車をローンで購入する場合
利息も払わなければならないし、車検ともなればまた十万もする。

カーリースで月々メンテ良や車検量も込みで借りた方がずっと安い。
ガソリン代もお得になるのでカーリースの方が良いのは言うまでもない。|

人気車に乗りたい場合月々の支払いが抑えられるカーリース


車欲しい!
でも.月々の支払い額が少しでも抑えたい!
そんなわがままをかなえるのがカーリース。
つまり、車のオーナーとして買い取っているか
借りているかの違い。

カーリースのデメリットは
車の部品交換や車の改造ができないこと。
カーリースのメリットは
  • リースの間は車のオーナーになり期間が過ぎれば返す
  • 圧倒的に値段が安い
  • 数年ごとにいろんな車に乗れる

保険や車検や諸経費等込みで借りることができる


盗難されたら自分の車だとかなりショックですよね
だから
カーリース審査


@【コスモ石油 カーリース】月1万スマートビークルの審査!